コラム

COLUMN

歯並びが口臭に繋がる理由とは?

社会人として、また人と会話するときのエチケットとしても気になる「口臭」。口臭予防にはエチケットガムや歯磨き、消臭スプレーなど様々な方法が推奨されています。しかし、口臭と歯並びには大きな関係があることをご存知でしょうか?
ここでは歯並びの悪さが口臭の原因に繋がる理由、そして口臭をなくすための方法についてお話していきます。
自分の口臭が気になっている方は、ぜひチェックしてください。

歯並びが悪い=汚れ等が溜まりやすい

歯並びが悪い=汚れ等が溜まりやすい
口臭の主な原因となるのは、口の中に溜まった汚れをエサとする細菌の繁殖です。口内の細菌数をゼロにすることはできませんが、エサとなる汚れがなければ基本的に細菌は悪さをすることはありません。
しかし、歯並びが悪いと歯と歯の隙間に磨き残しができてしまいがち。またしっかり歯磨きをしたつもりでも、食べかすが残っていることもあります。食べかすは細菌にとってのごちそうです。口臭の原因となる「揮発性硫黄化合物」をどんどん生成して、知らないうちに周りに臭いを振りまいている可能性が考えられます。
他にも前歯が出ている人は、口が開き気味になり口内も乾燥しがちになります。口内が乾燥すると、食べかす等を洗い流す働きがある唾液が出なくなるので、結果的に口臭の原因に繋がってしまいます。

歯周病を引き起こし、口臭を悪化させる可能性も

歯並びが悪い人は食べかすによる口臭発生だけでなく、歯周病を引き起こすリスクも高まりがちです。基本的に口臭と歯周病は、どちらも歯磨きがしっかりできていない状態から生まれます。しかし歯並びが悪い人は、歯並びが良い人に比べて口内環境を清潔に保つことが難しいです。
さらに歯周病になると、歯と歯茎の間に隙間がうまれます。その隙間に食べかすなどが詰まると、口臭悪化に繋がる可能性が大きくなります。この段階まで進んでしまうと、いくら丁寧に歯磨きをしたとしても対応することは難しくなります。口臭をなくすためには、歯並びを改善することが必須と言えるでしょう。

自分の口臭に悩んでいる方は、歯医者さんに相談を

自分の口臭に悩んでいる方は、歯医者さんに相談を
口臭に関する悩みと歯並びの悪さに関する自覚がある方は、まずは一度信頼できる歯医者さんに相談することをオススメします。歯並びの悪さは、口臭以外にも様々な病気を引き起こす原因になります。放置していても改善することはありません。周りの人に対するエチケットやマナーという視点からも、早めに対策を取りましょう。
バックナンバー
ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!
048-999-0007
^