診療案内

MEDICAL CARE

インプラント

インプラント治療とは

小児歯科
インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。 埋め込まれたインプラントは、骨としっかり結合して固定されます。その上に取り付ける歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりありません。

インプラントの構造

インプラントの構造

上部構造

実際に外から見える「歯」の部分です。セラミック製の光沢のある素材で、まるで本物の歯のように見えます。
外側が白いセラミック製で、内側に金属が使われているものを「メタルボンド」、外側も内側もセラミックだけで作られたものを「オールセラミックス」といいます。「オールセラミックス」の方が、透明感もあり、より自然の歯に近いため、前歯など目立つ箇所にはおすすめです。

アパットメント

人工歯根の上に取り付け、人工歯を支えます。通常はチタン製やチタン合金製であることが多いですが、セラミック製のものもあります。こちらはより美しさを求める方におすすめです。

インプラント体

直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受けられます。

歯を失った時に選択できる治療法

ブリッジ

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして、橋をかけます。橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。

インプラント

インプラント

インプラントは顎の骨の中に植わってますので、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になります。
健康な歯を削ることはもちろん、面倒な取り外しもなく快適で、天然歯(自分の歯)にもっとも近い治療法です。

入れ歯

入れ歯

入れ歯には保険が適用されるので、非常に安く、手軽に作ることができます。入れ歯のメリットは安く、手軽に、短期間に作ることができるということです。しかし、入れ歯には様々なデメリットもあります。

こんな方におすすめです

入れ歯が合わない、何度も作り直している、取り外しや手入れが面倒

こんな方におすすめです
入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れる場合がありますがインプラントはそのような心配はありません。
また、入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりませんがインプラントはその必要がなく快適です。入れ歯のことを気にせず旅行なども楽しめます。

病気や事故で歯を失ってしまった

こんな方におすすめです
思いがけず歯を失ってしまった時、治療の選択肢は大きく分けて3つあります。インプラント、義歯(入れ歯)、ブリッジです。
その中でもインプラントは天然歯に近く、まるで何事もなかったかの様に歯を取り戻すことができます。

健康な歯に負担をかけたくない

こんな方におすすめです
ブリッジは入れ歯のように取り外しをする必要はありませんが健康な歯に負担がかかってしまいます。今は良くても将来的に他の歯を傷つけてしまうことになります。
インプラント治療なら、ブリッジの様に隣の歯(まわりの健康な歯)を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することが可能です。健康な歯を出来るだけ残したいとお考えの方は一度ご相談ください。

見た目をきれいにしたい

こんな方におすすめです
インプラントは、天然歯とほとんどかわらない「機能性」はもちろん「審美性」をもっています。明らかに他の歯と違う・違和感がある歯なので笑顔に自信がない、笑うときについ手で歯を隠してしまうなどのお悩みはありませんか?
インプラントは思わず自慢したくなる歯を手に入れることが可能です。
ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!
048-999-0007
^