診療案内

MEDICAL CARE

矯正歯科

矯正歯科とは

審美歯科

なぜ矯正治療が必要なのでしょうか?

あなたは「矯正治療」について、どんなイメージを持っていますか?
ひょっとして単に「歯並びを治す治療」というふうに思っていませんか?
先ずはその誤解を解くところから、説明したいと思います。

そもそも歯並びが悪い事によって、どんな不都合が起こるのでしょうか。

歯並びが悪いとおこりやすいトラブル

虫歯や歯周病、口臭の原因になりやすい
歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が届きにくく、みがき残しができやすくなります。その為、むし歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症のこと。歯肉炎にかかっていると、歯ぐきが赤くはれて、歯みがきのとき血が出たりする)になりやすいのです。
更に咬み合わせが悪くて、食べものがよくかめないと、だ液の量が減ってきて口の中の汚れがどんどんたまることになり、こうなると歯の病気だけではなく、口臭の原因になる事もあります。
あごの関節が痛くなりやすい
口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かなかったり…。これが子供や女性に増えている顎関節症の症状です。悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もあります。
消化が悪くなる
咬み合わせがよくないと、しっかりとかめないだけじゃなく、だ液の量が減って消化されないまま飲み込む事になります。消化されないまま食事をしている事は、お子様の成長を著しく阻害する原因にもなります。
発音がしにくい
症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。特に外国語の発音に困る事が考えられます。今後はますますグローバル社会が加速化されます。そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶ事に対して前向きになれないかも知れません。
肩こりや頭痛が起こりやすい
咬み合わせが悪いと、なんとかうまく咬もうとして、あごが不自然な動きをするので、あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、そのため頭痛や肩こりなどが起こることがあります。

矯正器具の種類

唇側矯正
唇側矯正
歯の表面に器具を取り付ける歯列矯正で、もっとも一般的な方法です。
ブラケットと呼ばれる金属の矯正器具にワイヤーを通し、それを歯の表面に取り付けます。
現在では金属製のものだけでなく白や透明のセラミック製のものもあり、以前と比べても目立たなくなりました。
舌側矯正
舌側矯正
笑うと矯正器具が見えるのがちょっと…という方におすすめなのが、この舌側矯正です。
舌側矯正は、矯正器具を歯の裏側につけるので、歯列矯正中でも他の人に気づかれにくい矯正方法です。
マウスピースを使った矯正
マウスピースを使った矯正
透明で目だたないマウスピースを使った歯列矯正方法です。
透明なので歯列矯正中でも周りに気付かれずに日常生活を送れます。
食事や歯磨きの時など取り外し可能なので、口内環境を清潔に保てます。

それぞれのライフスタイルにあった矯正方法を選んで頂くことが可能です。
お気軽にご相談ください。

矯正歯科の流れ

1.矯正相談

矯正相談
まずはお悩みやご希望などを聴かせて頂きます。御質問頂きました内容に関しまして、当院資料を用いながら、丁寧にお話させて頂きます。

2.精密検査

精密検査
最適な治療に必要なレントゲン写真を含めました、精密検査を実施させて頂きます。

3.コンサルティング

コンサルティング
精密検査の結果を元に、患者様の現在の状態、治療方針、費用などのお話をさせて頂きます。このお話を聞かれた上で、正式に矯正治療を開始するかどうか、患者様に決めて頂きます。

4.矯正前治療・装置装着

矯正前治療・装置装着
虫歯などがある場合は、矯正装置を付ける前に治療させて頂きます。虫歯の治療の後、矯正装置を装着します。始めは違和感があるかも知れませんが、大体1週間位で装置にも慣れてきます。

5.ブラッシング指導

ブラッシング指導
矯正治療の最中は、とにかく虫歯になりにくい歯を作っていく事が大切です。そのために、定期的なチェックと歯ブラシの仕方などをお伝えしていきます。
ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!
048-999-0007
^