診療案内

MEDICAL CARE

歯周病

歯周病とは

歯を失う原因No.1

歯を失う原因No.1

日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎または歯周炎)にかかっているといわれています。歯周病は歯の表面につくプラーク:歯垢(細菌の塊り)に含まれている歯周病菌に感染することによっておこる「歯の周りの病気」です。

歯の周りの組織が炎症を起こす「歯肉炎」と、それがさらに進行して炎症が深部にまでおよび歯を支えている歯槽骨が溶けだす「歯周炎」の2つに分けられます。

歯周病治療の必要性と症状

食べ物のカスなどから発生するプラーク(歯垢)の中に含まれる「歯周病菌」によって引き起こされる「歯周病」。
症状としては、まず歯茎が腫れてブラッシングの際などに血が出るようになり、進行すると膿が出るようになります。さらに進行すると歯槽骨(顎の骨)が溶かされて、結果として歯が抜けてしまうのです。
歯周病は初期の自覚症状がほとんどないことでも知られており、歯の痛みや違和感に気付いたときには重症になっていることも珍しくはありません。実際、日本において歯を失う原因のほとんどが歯周病によるものだと言われているのです。
口内には非常に多くの細菌が生息しており、その中には体の中に入り込むことで重篤な病気を引き起こすものも存在しています。その中の1つが歯周病菌で、何らかの原因により体内に入り込むことで、心臓病や肺炎、糖尿病、早産といった症状が引き起こされると言われています。
当院では、最先端歯周病治療の光力学療法のペリオウェィブ、細菌検査、マイクロスコープによる根管治療、3DS治療、歯肉形成外科、と患者様に応じた様々な治療をおこないます。
いつまでも健康な歯を保つためには、早めの治療をこころがけ、定期検診などでチェック・予防してもらうことをお勧めします。

歯周病治療の必要性と症状

軽度
軽度
歯肉の炎症が進行すると歯と歯肉の付着器官が溶け、歯周ポケットができ、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。
中度
中度
炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶けて歯根部が露出し、冷たいものや熱いものがしみたりすることもあります。歯石が歯周ポケットの奥にますます付着し歯肉が張れ、膿が出てきます。口臭も徐々にひどくなり歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ動きます。
重度
重度
歯槽骨がほとんど無くなり歯根が露出、最後は抜けてしまいます。

歯周病の原因

こころあたりありませんか?歯周病の原因

プラーク
歯周病の1番の原因はプラークです。
プラークとは虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりです。
歯石
通常の歯磨きではとれません。
この歯石の上にどんどんプラークがたまります。
タバコ
タバコを吸っている人は血流が悪くなり、歯周病が進みやすく炎症が起きてしまうと治りにくくなります。
プラークも付きやすくなる為、歯肉の色も黒ずんできます。
糖尿病、その他
体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。
その他、ストレスや妊娠・更年期・食生活・かみ合わせなど様々な要因があります。

歯周病自己チェック

見逃していませんか?歯周病のサイン

歯周病のサイン

●冷たいものや熱いものがしみる
●口臭がある
●起床時、口の中がネバネバする
●歯磨きで血が出る
●歯肉が痩せて歯の隙間が目立つ
● 腫れたり膿が出たりする
●歯がグラグラする

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!
048-999-0007
^